Good Investment

貯金ではもの足りないので投資をするべき

お給料がなかなか上がらない現代は将来へ向けての貯金もなかなかできない状態であります。
そして、それよりも深刻なのが、現時点でも生活が苦しい状態の人も多々いるということです。
そんな人に人気なのが、投資です。
昔のように金利も良くない現代では、銀行に預金しているだけではなかなかお金を増やすことができません。
定期預金をしていても時間がかかるわりには付く利息は少しだけです。
しかし、投資であれば、きんと考えをもって行って行けば、自分が働くなくてもその間にお金が働いてお金を稼いでくれるのです。
今はインターネットを使って自宅で夜の空き時間を使えば様々な投資を簡単に行うことができるようになってきています。
これらを使って、現在の生活の向上を図るために、さらには将来の定年後の自分の収入を考えて投資を行っていくことで、先々の不安を解消して、安心した未来を迎えることができるのです。
インターネットを使ったといっても決して難しいものではありませんので、一度様々なサイトを検索してみることです。

貯金代わりに投資をする

最近は銀行の金利が非常に低く、100万円を定期預金に回しても利息が100円単位でしかつかない状態です。
そのため、最近は貯金に回すお金の一部を投資に流して、そこで資産を殖やしていくという方法をとる方もいます。
「投資」というと株や土地を連想する方、ギャンブルに近いものと忌避する方も多いかもしれませんが、現在ではある分野のテーマに分散して資金を投入するファンド、特定の経済指標を追いかけるように設定して資金を投入するETFといった、ひとつの企業やものに偏らせず、分散することでリスクをできるだけ回避しつつ資産を殖やしていく方法がいくつもあります。
株や土地の場合は貯金と異なりインフレでも価値が上昇していくため、インフレ対策として資産の一部を株や土地に回すという方も多いです。
投資はメリットばかりではなく価値が上がることもあれば下がることもあるので自己責任がつきまとうこと、「使い道の決まっているお金は価値を下げないためにも貯金しておく」というのは鉄則です。

recommend

最終更新日:2018/11/12